トップ / 紫外線を防止するその他のグッズ

アンチエイジングと紫外線

紫外線を防止するその他のグッズ

紫外線防止グッズで肌や目を守る

紫外線から肌を守るため、日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、他の紫外線対策グッズなどを併用すると効果的です。紫外線の影響は、なかなか実感しにくいですが、長期間にわたって紫外線を浴びていると確実に老化を早めてしまいます。トラック運転手をしている人の場合は、顔の右半分と左半分で老け具合に大きく差が出ることもあるくらいです。

6月から9月くらいにかけては、紫外線が特に強くなります。このくらいの時季に外出する際には、紫外線対策グッズを使用することが望ましいでしょう。紫外線は頭部などにも影響を与えるため、帽子を被って外出するといいです。なるべくつばが広いものやサンバイザーが付いているものがおすすめです。日傘を差すのもいいかと思います。

衣服もなるべくUVカット加工が施されているものを着て外出するのが望ましいです。ネックカバーを使うのもいいでしょう。首にシワやシミが発生するのを防止できてアンチエイジングに役立ちます。夏場にネックカバーをするのは暑くて辛いですが、最近では冷感素材のものなどもあります。

そして、紫外線は目からも入って来るのです。肌に直接浴びなくても目から入ってきた紫外線が肌に影響を及ぼすということが、動物実験で判明しています。そのため、目も紫外線から守らなければなりません。サングラスをかけて外出するのが望ましいですが、サングラスの選び方も重要です。

サングラスは色が濃い方が効果が高いように思えてしまいますが、色の濃いサングラスをかけると瞳孔が開きやすくなります。そのためUVカットなしで色が濃いだけのサングラスをかけると、かえって紫外線を多く取り入れてしまうことになるのです。色の濃さよりも、UVカットの付いているかどうかで選びましょう。UVカットが付いていれば色が薄くても、紫外線から目を守ることができます。