トップ / 紫外線にはアンチエイジング保湿

アンチエイジングと紫外線

紫外線にはアンチエイジング保湿

紫外線を浴びてしまった時の対処

普段は外出前にきちんと日焼け止めを塗って、夏場には帽子やサングラスなどの紫外線対策グッズを使用している人でも、ついうっかり紫外線対策を忘れてしまうこともあるでしょう。急いでいるときには、日焼け止めを塗る時間がなくて、そのまま家を出てしまうこともあるかも知れません。そのようなときには、日焼けをしてしまうことも多いですが、事後的なケアをすることで、肌へのダメージをある程度抑えることが可能です。

日焼けは一種のやけどであるため、紫外線を浴びてしまったら、まず冷やすことが大切です。冷たいシャワーや水風呂などで肌を冷やしましょう。それから濡らしたタオルなどを被せておきます。十分に冷えたら、化粧水で保湿をしましょう。肌が敏感な状態になっているため、コットンは使わない方が無難です。使用する化粧水もなるべく刺激の弱いものを選びます。手のひらを使って優しく塗り込みましょう。こうすることで、シミやシワ、たるみなどを防止できてアンチエイジングに繋がります。

乳液やクリームなども塗っておきましょう。化粧水と同様に低刺激のものを選ぶのが望ましいです。さらに、美白化粧品などを使うと、シミの発生を予防できます。美白効果と保湿力の高い化粧品を選びましょう。また、肌に痛みを感じる場合には、無理をして塗らない方が無難です。

身体に水分が不足していることも多いため、普段よりも多めに水分を摂っておくといいでしょう。紫外線を浴びると肌の表面だけでなく、身体全体に負担がかかるため、十分な睡眠をとることも大切です。そして、既に日焼けをしている状態で、さらに重ねて日焼けをするのを避けなければなりません。翌日以降は帽子や日傘で確実に肌を守りましょう。