トップ / アンチエイジング日焼け止め

アンチエイジングと紫外線

アンチエイジング日焼け止め

アンチエイジングに必須なもの

紫外線を浴び続けると、肌の老化を促進してしまいます。若々しい肌を保つためには、紫外線対策が必須でしょう。アンチエイジングに取り組みたいのであれば、紫外線をカットする効果のある日焼け止めを使用しようする必要があります。

日焼け止めはドラッグストアなどで、いろいろな種類のものが置いてあります。アンチエイジングの効果を高めるためには、自分のライフスタイルにもっとも合った日焼け止めの選び方が大切です。そのためには、日焼け止めのパッケージに表記されている、SPFやPAなどについて理解しておく必要があります。

SPFは紫外線のうち主にUV-Bをカットする効果があります。UV-Bは短時間浴びただけでも、肌の表面に対して影響を与えます。ただ、肌の奥の方には届きません。肌が黒くなったり少しヒリヒリしたりする日焼けが、UV-Bによる主な影響です。SPF値が高い日焼け止めほど、日焼けを抑える効果が強くなります。ただし、あまりSPF値が高い日焼け止めは、肌を乾燥させてしまうというデメリットもあります。軽いスポーツくらいであれば、あまりSPF値が30くらいまでのものにしておいた方が無難でしょう。

これに対して、PAはUV-Aを防ぐ効果があります。PA+やPA+++などプラスマークの数で、その強度が表されていて、プラスマークが多いほど強力です。野外でのレジャーや軽いスポーツなどでは、プラスマーク2つくらいので十分でしょう。UV-Aは曇っている日や、室内にいるときなにも浴びています。肌の老化の原因になるのもUV-Aです。

そして、日焼け止めの塗り方も大事です。少なすぎると効果が弱まってしまうため、十分な量を手のひらに取って、日が当たりやすい部分に塗り込みましょう。汗や皮脂で落ちてしまうことも多いため、長時間野外にいるときには、塗り直すと効果的です。