トップ

アンチエイジングと紫外線

アンチエイジングと紫外線

紫外線が肌を老化させる原因に

外でスポーツをしたり、野外イベントなどに参加したりする機会が多い女性は、紫外線が気になるかと思います。一昔前までは、日焼けをするのが流行っていましたが、最近では白く透き通るような肌になりたいという人の方が多いです。また、紫外線の影響で肌の老化を早めてしまうことも判明しています。若々しい肌を保ちたいという女性にとって、紫外線は大敵だと言えるでしょう。そんな女性たちにはアンチエイジング化粧品を使うことをおすすめします。

紫外線はUV-AとUV-BとUV-Cの3種類あり、そのうち、地上に届くのはUV-AとUV-Bの2つです。さらにその2つのうち、肌へ与える影響が大きいのはUV-Aであることが知られています。UV-Aは肌の表面だけでなく、奥深くまで浸透して体内を酸化される作用があるのです。長年にわたってUV-Aを浴び続けることで、シミやシワ、たるみなどを発生させて肌の老化が早まってしまいます。

日焼けは肌の表面だけの現象であるため、紫外線の強い夏に小麦色になるまで日焼けしても、冬になる頃には元の肌色に戻ることがほとんどです。しかし、長期間UV-Aを浴び続けることで蓄積された紫外線の影響は、時間の経過によりなくなることはありません。シミやシワ、たるみなども消えることはほとんどないでしょう。なるべく若いうちから、肌のアンチエイジングのための対策を講じておく必要があります。

肌の細胞が老化することでシミやシワ、たるみなどが発生するわけですが、その原因の9割は紫外線の影響だと言われています。純粋に加齢の影響によるとされる分は残りの1割だけです。このことは、若いうちから紫外線対策を十分にやっていれば、年齢を重ねても若々しく綺麗な肌を保てるということを意味します。